FC2ブログ

どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
書初め 
2010/01/04 [Mon] 07:00:29 » E d i t
皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年も「どこそらスケッチ」をよろしくお願いします

今回は、「描き初め」の話ではなく「書き初め」の話。

娘は、冬休みの宿題で、書き初めを書いていくことになっています。
毎年、ちょっとした手ほどきをしているのですが、今年は、自分自身も書いてみたくなりました。

一応、私の父方の祖父も母方の祖父も習字の先生という、サラブレッドの家系。
なんてね、小学生の時は、おじいちゃんに習っていたり、高校の選択では、しかたがないので
書道をとってはいましたが、まあ、本気でやったことがあるわけでもないです。

それでも、毎年、年賀状の住所書きは、一応筆ペンで、書いております。一年に一度くらいはね。

今年も書きましたが、今年は、ちょっと、感じるところがありました。
「墨」で書いているとき、一筆一筆に、気持ちをいれて丁寧に書きます。
それに比べて、「絵」を描いているときの、ペン書きには、自分はどのくらい、気持ちを入れれているのだろう。
もちろん、書く分量も違うから一概には、比較できないのだろうけれども、ただ形をとるために
輪郭をなぞっているだけではないのか。
気持ちの入った線を書く、ということを、もう少し真剣に考えてみようと思いました。

あとは、もう一つ、娘は「希望の春」という題であったのだけど、
自分は、こんな風に手ほどきしてました。
「あなたの、希望をここにかいてみて」
「書」にしても「絵」にしても、「心」が大切ということ、これが2年間絵をやってきて自分が学んだことです。



とて、今年の、書き初めは「夢」と書きました。
「心」が伝われば、幸いです。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。
倉庫 *  TB: 0  *  CM: 17  * top △ 

風と牛 
2009/06/26 [Fri] 00:33:21 » E d i t
北海道に夏がやってきました。先週から太陽がさし、気温もぐんぐん上がって
今日は30度、なんだか心うきうきです。

先週金曜日、日差しが戻ってきた北大農場。いい感じに牛が放牧されています。
手前は刈り残しの牧草地。

ゆらゆらというかぐわんぐわんというか、牧草が時折ふく強風に揺れます。。
強い風に倒される草、反動で戻ってくる草、ひたすら耐えていく草。
草の動きで風の流れがわかります。面白くてしばらく見ていても飽きません。

こんなのが描けないかなあ
またまた、無謀な挑戦を…


風に揺れる牧草【ワットマン SM】

さすがにちょっと無理がありますなあ。押されて倒れた牧草くらいにしか見えません。
草だけでこれだけ密度をだすとちょっとうっとうしいし。

牛の感じと、遠景がいいので良しとしよう。
遠くに見えるのは、平成ポプラ並木です。
北大ポプラ並木が、今にも倒れそう(実際何年か前、風で倒れたし)なので、
平成に入って植えられました。もう大分、大きくなっています。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。
倉庫 *  TB: 0  *  CM: 11  * top △ 

★大安吉日 
2009/06/16 [Tue] 02:08:09 » E d i t
不況の世の中、宝くじに夢を託す人も多いもの。
今日も、大勢の人が、宝くじ売り場を訪れていました。

そういや、最近、買ってない。一時期は、ジャンボだけでも買っていたのに。
まあ、なんとなく買うことに満足してしまって、発表の日も忘れてしまい、当たっていたのか
どうかなんてことも多い(期限までには、確認してます。もちろんはずれ)

今は、こんな風景も絵のモチーフとして、捉えています
お昼休みのスケッチ。


【ランドスケープ G4】

とりあえず、F10の色塗りに行き詰って、軽くいろ塗り。
気軽な感じで色を塗って、新たな気持ちで、F10の色塗りをしよう

==おまけ==
今回から導入の秘密兵器… 100均で買った、ドレッシングの入れ物。
水彩で描くとき、筆洗のための水のほかに、絵の具を溶く新鮮な水が多く必要です。
今までは、スポイトを使っていたのですが、すぐ水がなくなってしまい、補充が面倒だったり、
すぐ見失ったり(これは整理整頓しない自分が悪い)
とて、ちょっと大きめの見逃さないのをどーんと真ん中に、
押せばすぐ出てくるし、しかもそう簡単になくなりません。

いつでも、新鮮な水が手に入るのは、とても安心感があります。

Blog Ranking←ブログランキング参加中です。
倉庫 *  TB: 0  *  CM: 9  * top △