FC2ブログ

どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
水彩は水で描く 
2010/01/15 [Fri] 07:37:17 » E d i t
「水彩は水で描く」

はあ、そんな当たり前のことを声高に?
って思ったかたも、多いのでしょうが、自分はスケッチ教室に通い始めて2年だけど
そんなことを考えたこともなかった。
先日の色塗り講座で、初めてそのことがちょっと分かった「気」がする。
じゃあ、今までやっていたのは、絵の具を水に溶かして、とりあえず紙に載せていたにすぎないかな。

これから、書く事は自分への覚書です。そんな難しく考えなくても…というかたもいるでしょうが、
まあ、自分は理系人間だから、ちょっとくどくなるのはご愛嬌ということで…

色を塗っているとき、紙の表面でなにが起こっているかを、もっと考えたほうがいい。
たっぷりの水で溶いた絵の具を紙に載せると、さまざまな力が働く。

水に濃い目の絵の具をいれれば、徐々に拡散する。
そのままにしておけば、表面張力が働き、絵の具は、端のほうに集まっていく
(輪じみができる原因、水彩では、ハードエッジとかいうテクニック)
よく拭いた筆を水の中にいれれば、水は筆に吸い取られる、そして絵の具もそれに吸い上げられていく



こういうことを考えれば、
なぜ、たっぷり絵の具をつくる必要があるのか?
水彩紙の吸い込みの違いがなぜ問題となるのか?
高い筆の吸い込みの良さは、なぜ必要か?
なぜ、次の色を乗せる前によく乾かす必要があるのか?

こういった疑問が、ちょっと晴れた気がする。

とて、これがわかって実際の絵にどう影響があるかは、これから。
いいほうに働いてくれればいいのだけど。

前回の馬車の車体は、こんなことを意識して塗ってます。
グラデーションがちょっときれいに出るようになりました。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

絵の中の人物 
2009/09/26 [Sat] 06:54:46 » E d i t
絵の中で人はどんな風に描きましょう?
リアルに描くか、漫画風に描くか、どんなのが、自分の絵にあうか。

人を描きいれないと、なんとなくさびしいし、動きがない。
人を入れると、そこに視線が取られてしまう。
後ろ向きにしてみたり、ちょっと顔や目を何かで隠してみたり。

人を描き入れれば、下手さで絵が台無しになってみたり、
でも入れていかないと、決してうまくはならない。

本屋で立ち読み。たぶんこの本。男鹿和雄「秋田、遊びの風景」
描かれている子供たちの、動きや、魅力にあふれている。
リアルよりも、アニメ漫画系。でもひきつけられる。
実は、スマートボールの絵は、この本からの影響。

いかに魅力ある人物を描いていくかは、これからの課題


進学塾の広告より(小学1年~中学3年)

うーん6年生が、年寄りになった。1本の線だけで、雰囲気が変わるから面白い。

Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

ゴッホと浮世絵 
2009/03/26 [Thu] 23:58:16 » E d i t
先日、家族でコーチャンフォー(大きな書店)へ。
自分は、座りたかったので本をかって併設されているミスドへ。

買って読んでいた本はこれです。


「週刊 西洋絵画の巨匠」の創刊号 「ゴッホ」

190円というところがなんといっても魅力です。
こんな本を読んでいると、自分は美術のことは知らないなあと感じます。
ゴッホが歩んだ道だってそんなに知っているわけではないし。
画家たちの歴史もよく知りませんでした。なので、新鮮な気持ちで読めました。
これを機会にちょっとだけ絵画の歴史もお勉強中です。

で… やっぱり気になるのは、
浮世絵がゴッホとか印象派の画家に与えた影響でしょうか。
写真の登場により、写実的な描き方に限界を感じていた画家たちが
たまたま包み紙として知り合った浮世絵に出会う。
写実的で暗い感じの絵が、浮世絵との出会いで明るく自由な感じに変わってくる。
線でかかれた浮世絵が西洋の絵を変えていくなんて、線で描くスケッチをしている
人間としては愉快じゃないですか

とて最近は浮世絵ウォッチャでもあります。

たまたまやっていた、こんなのにも行ってきました。

浮世絵の特徴といえば…
 大胆な構図
 明るい色使い
 陰影のない平坦な色塗り
うーん、自分の絵とつながりがありそうなにおいがぷんぷんします。
なんだか、楽しく描けるような気がしてきている今日この頃です。

春だし…


P.S.
自分はすぐに影響を受けやすくって、それを直ぐ忘れちゃう人間ですから、そこのところ
よろしく。

Blog Ranking←ブログランキング参加中です。