FC2ブログ

どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
ライラックを描く 
2009/05/30 [Sat] 22:59:14 » E d i t
スケッチ教室。久しぶりの野外スケッチです。
今回の課題は「ライラック」。札幌では、あちこちでライラック祭りが開かれています。
それほど、北海道らしい花です。これは、ちゃんと描かないとね。

今回用意したのは、F10のスケッチブック。530mmx455mmあります。
最近よく描いているSMのおよそ6倍の面積。うっ。でかい。
ここ最近、SMが多かったので、大きいのが描けるのかという不安が自分自身にありました。
どうせならということで、描いたことのない大きさに挑戦。
(実際には、前回この大きさは挫折しているので、そのリベンジでもあります)

川下公園は、外国のものも集めて、30種類くらいのライラックが咲いています。
ライラックはきれいなのですがあまり描きたいポイントがありません。
どうせなら、一番かわいいライラックを描くと決めて、座り込みます。
この隣にも、ちょっと一色でない変わったライラックも咲いています。

「これ変わってるねえ」「これ、かわいい」道行く人が、描いている横で話していきます。
なんだか自分が褒められているみたいで気持ちいいね(*^ ^*)。
どうしても、小さく描きがちになるので、意識して大きめ大きめに、描いていきます。
意外と調子いいよ。

お昼は、教室のみんなとお食事。あまりに楽しかったので、午後からの描きはじめで、集中が
途切れました。恥ずかしくなる箇所が数箇所。

花を描き終わったあと、どうしようかと迷った挙句、ここに来たとき、最初に出会った写真を撮っていた
おねえちゃんがいい感じだったので、どーんと登場してもらいました。


川下公園 ライラック【ワットマン F10】

いやあF10は、存在感というかオーラがあるね。
それに負けない線を描く必要があります。でも描きあがった達成感は格別です(色塗りはまだか)

出来上がりを見ていてちょっと思い出しました。
このサイズは小学校とかで写生で使っている四つ切の紙のサイズに近いのです。
でかいとか言っても、小学校の時には、誰でも描いていた大きさなのです。
ようやく、子供のレベルに追いついたかな。
スポンサーサイト



Blog Ranking←ブログランキング参加中です。
素描 *  TB: 0  *  CM: 11  * top △