どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
2009/11/27 [Fri] 07:15:45 » E d i t
「今回の野外スケッチは、札幌ファクトリーです。クリスマスの風景を描きましょう」
「おお、去年、描きたいと思ってたんだ、下から見上げたところ。でも、さすがに、ちょっと大変かな?」
なんて、会話がありまして、今回のスケッチは、札幌ファクトリーです。

ファクトリーはすっかりクリスマスモード。吹き抜けアクアリウムに15mのツリーが鎮座しています。
ぶらーと一周。いくつかポイントを探しますが…
やっぱり、ここから描かなきゃな。こんな機会がないと描かないし。
でも、問題がある。描くのは、フードコートみたいなところ。土曜日の商業施設。
どうみたって人が集まる。前回の記事でもわかるように、自分はプレッシャーに弱い。
見る人なんてほとんどいないはずだけど、一度でも心が折れてしまったら、たぶん描けなくなりそう。
こんな中で描けるのだろうか?
でも、描かない後悔よりも、描いて後悔したほうが、よっぽどいい。
それに、今回は秘密兵器があるし…

MP3プレーヤーです。、前日夜に、クリスマスソング集を入れておきました。
これを聞けば、気分はクリスマス。まわりのことは、気になりません。


クリスマスツリー【WF F8(455x380mm)】

休憩をはさみつつ、6時間近く、いやあひさしぶりに「描いた~」って気分。
頭の中は、クリスマス一色。 とりあえず、自己満足の世界。
ちょっと、細かすぎるので、色を塗ったら、あんまりよくならないかもね。

人は、思ったよりも来ていなかったので、それはラッキーだった。
話しかけてくれた子供ともちょっとはしゃべったし、なかなか楽しかった。
さあ、クリスマスまでにいろ塗りがんばりましょう。

もし、他にも話しかけてくれた人がいたらスミマセン。
ほんとに、何も聞こえなかったんだ。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。
素描 *  TB: 0  *  CM: 33  * top △ 

2009/11/25 [Wed] 07:05:51 » E d i t
教室の人物スケッチ。お互いを描きあいましょう…って
3人ってどうゆうこと。 先生と生徒二人。
3人で、それぞれ三角形にすわり、お互いを描いてます。
自分は先生を描いて、Nさんに描かれる、立場。

え、うそー。手が震える…。なんかすごいプレッシャー。
一応普段から、マイブックで人物は描いていたので、少しは自信もあったのに…

とてもスケッチブックなんて無理。
とりあえず、描き慣れたマイブックならと、マイブックに描いてみます。
だめ、だめ、だめ、大きく息を吸って見ても、なかなか冷静になりません。
とりあえず、先生は、うまくいかんな、では、Nさんをちょっと描いてみようかな?
とて、チラッと、Nさんのほうをみれば

「うわー目が合った」
そりゃそうだ、こっちを描いてるのだもの…

その後は、なんだか、ぐだぐだの、おしゃべりタイムに突入です。

img553.jpg

おしゃべりタイムをちょっとだけスケッチしましたが、勇気のない線になっちゃいました。

まだまだ、修行がたりません。

※人物スケッチよりほぼ1ヶ月。ようやく、ブログのねたにする余裕ができた。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

2009/11/22 [Sun] 07:06:38 » E d i t
知事公館、スケッチとは、相性がいい。
昼休みのスケッチだから、1回あたりの描く時間は短いけれども、
また、明日があると思って、あせらずに描くことができる。
本当に集中できるまでに、30分くらいかかるので、そんな断片的によく描けるねという人もいるが、
自分の場合、集中の持続時間が短いことのほうが問題。
気がつくと、飽きてくるのか、いい加減に描いていることが多い。
だから、短時間描いて、気分のリフレッシュすることがいいみたい。


知事公館 2009 秋【FABRIANO F4(230x305mm)】

紅葉の木を見上げていたら、紅葉もさることながら、入り組んでいる枝が木にいりました。
途中で折れたり、ねじまがっていたり、こんなのを描くのもなかなか楽しい。

今日の札幌は、雪が舞っていました。いよいよ冬の到来です。
皆様、お風邪など召しませんように。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。