FC2ブログ

どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
2010/08/15 [Sun] 06:49:36 » E d i t
カナカナカナカナ.....
チリリンチリリンチリリン…

昼間の暑さも、夜になれば少しはやわらいで、
どこからか、虫の鳴く音も聴こえてきます。

空には、明日には満月になろうかの大きな月。
昼間ほどではないにしても、明るく湖を照らします。

ガタンガタンガタン…
湖の向こうの線路を一両編成の汽車がとおりすぎます。

ここは、街から遠く離れているので、街の光も喧騒もない別世界です。
焚き火に薪をくべながら、静かに静かに、時は過ぎていきます。


夏の夜(かなやま湖キャンプ場)【WF SM(227mmx158mm)】

これは、前回のマイブックに描いたのの他にもう一枚水彩紙にかいたもの。
夜は、やっぱり難しいけど、面白いね。
空は、失敗といえば失敗だけど、雰囲気は出ているので結果オーライ。
スポンサーサイト



Blog Ranking←ブログランキング参加中です。