どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
★ハーベスト 
2010/09/28 [Tue] 06:47:23 » E d i t
札幌の西に、長沼町というのがあります。
ここは、最近の注目ポイント。
石狩平野の西に位置し、ちょっと小高な丘っぽくなっています。
その丘から見れば、雄大な北海道らしい風景が望めます。
プチ美瑛っといった感じかな。

ここにある「ハーベスト」というログのレストラン&カフェ。
2時になろうかという時間に訪れたにもかかわらず。
「1時間くらい待ちです」
いくら日曜の午後とはいえ、ちょっと混みすぎですね。
最近、このあたりも有名になって、混むようになってきました。
札幌から1時間以内で、こんな気分のいいところだもの。



ハーベスト【ワットマン SM(227mmx158mm)】

待ち時間は、気長にスケッチ。外のオープン部分です。
ちょっといろ塗りがしつこくなりすぎ。ホワイトでちょっとごまかし。
もっとあっさり塗れるようになりましょう。

ちなみに、この後食べた、シフォンケーキ。絶品!
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

街をぶらぶら 
2010/09/25 [Sat] 07:22:43 » E d i t
ふじたともみ先生の個展が、札幌時計台ギャラリーで開かれてます。
9/25 17:00まで、あれ、もう終わっちゃう。興味のある人いってみて。


ふじたともみ先生の個展 沖縄竹富島 午後の散歩

旅のスケッチは、見ている人がそこに行ってみたい、そこに行った気分になることが大切ですね。
強烈な太陽の竹富島。学生時代にいったきりだけど、変わっていない風景がそこにあります。
旅にでてみたくなる個展でした。

もうひとつは、札幌大通り駅にある、西村先生の絵です。
R0031538.jpg

家族がウインドウショッピングをしている間、ここの前でずーと絵を見ていた怪しい人となりました。
ここまで、拡大されると、先生の描き方のいろんなことが見えてきます。やっぱり線が美しい。
これだけ拡大されても、恥ずかしくない線が引きたいものです。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

2010/09/23 [Thu] 07:00:23 » E d i t
札幌の絵をかける期間は短い。いつもの年ならば。
でも、今年の夏は、うだるくらいの暑さ。いっぱい描ける。

ところが、札幌移住10年。北海道に慣れた体は、あまりの暑さにゆうことを効かず、うだうだ。
自然に体は日陰のほうに、そして水際に。

日陰の木々の間から、日向をみれば額縁のように囲まれた木の向こうに、強烈な光に照らされた芝生。
木々の陰が美しい。そして力強い根っこ。そんなところを絵にしてみました。


猛暑の木陰より(北大中央ローン)【ストラスモア F6(410x318mm)】

ちょっと調子にのって人物を増やしすぎたかな。
人物を塗る前(つまり人物は真っ白)のほうが芝がめだって良かった。
人物を描けばいいってものでもないな。 なかなか難しい。

でも、久しぶりに気持ちいい一枚が描けた。満足満足。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。