どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03
★小樽 雪あかりの路  
2011/02/24 [Thu] 07:08:32 » E d i t
この北の町に奇跡的に残された小さな古めかしい街並みや、運河で、かつて北海道の開拓を支え、
今は用済みとなった旧幌内道―手宮線、廃線跡地を舞台として、厳寒の2月、運河に浮かぶ数百もの
ガラスの浮き玉のろうそくの灯りは、水面に浮かぶ天の川となり、降り積もった雪の中に無数の
ろうそくの灯りが揺らめく廃線跡地は、路地裏の銀河鉄道としてよみがえる。
雪の中にほのかにゆらめく、無数の灯りは、一人一人の祈りとなり、願いとなる。

                             「小樽雪あかりの路」のスピリットより


小樽雪あかりの路【WF F6(410x318mm)】

最近、万年筆が好きだ。色はブルーブラック。落ち着いた藍色。
力の具合で、濃淡ができるけど、濃いところも薄いところも、とても深くて落ち着く色。

気に入っている色は、絵にも塗りたくなるのかな?
夜の空を塗るときに決まった色は、このブルーブラックをイメージした色。
ウルトラマリン+バイオレット+ブラック+その他諸々。
満足のいく色がでたなあ。PCでは伝わってるかなあ。

久しぶりの気合の入った満足の仕上がり

Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

沖縄 帰りの便 
2011/02/20 [Sun] 07:58:27 » E d i t
え~ また翼の王国 ?

まあまあ、行きの飛行機で、建物の線に惹かれました。
とて、帰りの便では、建物を中心に「翼の王国」スケッチ。



最近、使い始めた万年筆のブルーブラックで、ちょっとだけ色づけ。

img-1181941-0005.jpg

沖縄、つぼ屋の陶器たち。

img-1181941-0006.jpg

そして、またまた建物。

沖縄から帰ってきたばかりなのに   → 旅がしたい、世界中。
今回は、絵をあまり書かなかったのに → スケッチブックをもって出かけたい。

そんな、ことを思いながら、スケッチしてました。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

「ぷちりぶ」発足 
2011/02/14 [Mon] 07:13:40 » E d i t
スケッチ教室が、1月をもって終了です。 (TT)

そして2月から、スケッチサークル「ぷちりぶ」が立ち上がりました。
いつも使っているサインペン「プチ」+「リブ」の合体です。
西村先生も札幌にいるときは、参加していただけることになっています。

さて、記念すべき、その第1回目の集まり。
先生も来てくれたのに、なんと参加者は、2名。う~ん前途多難だ。
(他の曜日もやっているのですそっちは8名。名誉のために)

今回は、人物スケッチのはずでしたが、人数が少ないこともあって、
なんだか、話しているうちに、絵の悩み相談みたいな感じに…
先生が悩みに答えてくれました。


宮田屋コーヒー【画用紙】

話をしながら聞きながら、宮田屋のコーヒーカップが素敵だったので、
練習用の画用紙にスケッチ。周りには聞こえてくる言葉をつらつらと…

教科書のはし、ノートの隅。なんとなく描いていたいたずら描き。このスケッチはそんな感じ。
自分の絵は、そんな、いたずら描きの延長なのかもね。
いい悪いはともかくとしてね。

そんなことを思っていた「ぷちりぶ」1回目でした
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。