どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
ミニスケッチ旅行 
2011/06/13 [Mon] 07:09:37 » E d i t
JRに乗り小樽に向かう。右側は日本海がおもいっきり広がる。なんだか旅にでるわくわく気分。
スケッチ会「ぷちりぶ」は、今回は、「小樽を描く」です。
集合後、初めての小樽スケッチなので、みんなで散策です。
駅前をでて、手宮線跡地、小樽運河、人力車もいいねえ。観光気分で散策。
結構来ているはずの小樽だけど、スケッチをするという目でみるとまた違った風景が見えます。

みんな、小樽を描く=船と運河を描くってイメージが強いので、北運河のほうへ。
小樽は古い情緒の運河の町だったけど、南半分は整備が進み、小樽運河といえばこっちという感じだけど、
北運河は、まだ当時の情緒が少し残っています。

今日は、下見のつもりだから、とりあえず描かずに、気になるところを散策。
このあたりは、色内というのだけど、古い建物もいっぱい。
いや、新鮮、新鮮。気持ちもHighです。
とて、運河に戻り、気になった船を描きはじめたわけだけど…、あ、つ、い。
ちょっと前までは、あんなに寒かったのに、なぜ?
それにこのあたりは日陰もなし。

とりあえず気になったロープだけ描いて、お昼の休憩です。

お昼後は、船を描きはじめて 

… ざ、ざ、ざ、惨敗です。船の形がぁぁぁぁぁぁぁ。

ということで、はじめから描き直し、こんどは、ちょっと鉛筆の力を借ります。

午後になって、ちょっと風もでてきて、ちょっと涼しくなってきて、調子が出てきました。
スケッチ仲間もがんばっているし、なんとか仕上げます。


北運河【ワットマン F6(410x318mm)】

いい点も不満な点もたくさんあるけど、とりあえず、描ききれてよかったかな。
でも、もういちどリベンジして、描き直したい。

またきます。

Blog Ranking←ブログランキング参加中です。
素描 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △