FC2ブログ

どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
東京へ 
2012/10/26 [Fri] 22:21:05 » E d i t
土曜日に出張がはいりました。
朝が早いので、前日入り。
せっかくですので、前日はお休みということにしました。
出張の荷物のほかにF6のスケッチブックを一冊。

東京の先生の最近のブログで、「寒いので、もう外で描くのは限界!」
ってあったので、ヒートテックを下に着込んだりそれなりの準備を。

本日は秋晴れ。正直言って暑いよ!!

東京のことはよく知らない、田舎民の自分も、80年前の状態に復元されたらしい情報位はしってます。
ということで



描きました。とにかく線が多い。
北海道道庁を3回くらい描いたくらい疲れました。

成果は、帰ったらアップします。
スポンサーサイト



Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

はまってます 
2012/10/26 [Fri] 01:18:43 » E d i t
最近というかここ何年かにわたって、とある漫画にはまってます。
「ちはやふる」って漫画。連載はB-LOVEという雑誌(え~それ、少女コミックでは …)

百人一首(かるた)を題材にした。少女マンガらしい、恋愛満載の青春漫画。
…では、まったくなく、ばりばりの、スポコン漫画 ^^;

同級生の千早、太一、新(あらた)の三人が小学生のときに、かるたに出会い、
主人公の千早がクイーンを目指しながら、人間的にも成長していく物語。

百人一首は、時々子供とやりますが、これはもう、スポーツそのもの。
最初のひとつふたつの音を聞いて、札をとりあつ危険なスポーツ ^^;

なかなか熱くさせていただける物語です。

このブログは、基本絵のことに絞って書いているのですが、なぜここでこの漫画を
紹介してみたくなったかというと、ちょうど、自分が絵を始めたころにこの漫画に
出会い、その時々のシーンや言葉に、励まされたり、勇気をもらったりしている
からです。

いくつか紹介してみましょう。

小学生の千早は、お姉ちゃんが日本一のモデルになるのが夢だといいます。
そこで、新が、言います。



「自分のことでないと夢にしたらあかん」

小学生にこんなことを言われたら、自分自身でがんばろうって思います。


続いては、もう一人の主人公、太一が(みんな大きくなって高校生です)
「青春ぜんぶ懸けたって新には勝てないんだ」という言葉をうけて、
かるたの師匠の原田先生がいう言葉。

imgC032.jpg

「青春ぜんぶ懸けたって強くなれない?」
「懸けてからいいなさい」

熱~い。熱~い。ことしの9月の残暑ぐらい熱い。
退路、絶たれたって感じ。

最後に、千早が、新とクイーンの対決をなんだか見てしまうのが怖くて、
しり込みしているときに、先生が言った言葉。

imgC034.jpg

「これと決めた道で、知らないほうがいいことなんて一つもないわ」

まあ、自分は青春まっただなかという年でもないし、
そんなに、熱くなるほうではないんだけど、
「夢」とか「これと決めた道」とか言われると、
よ~し、やるぞ!って気になるのです。


※画像は、「ちはやふる」単行本より引用させていただきました
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。