FC2ブログ

どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
恵庭渓谷紅葉 
2013/10/15 [Tue] 02:02:14 » E d i t
三連休の最後。
今日が一番天気がいいはずだったけど、ちょっとぱっとしません。

でも、どっかに出かけよう!ということがまとまったので、
札幌の南にある「恵庭渓谷」に紅葉を見にいってきました。
もう札幌は紅葉の時期です。
ジャケットとその下にはフリース。寒さ対策です。

ここ恵庭渓谷は、札幌から1時間弱。「三段の滝、ラルマナイの滝、白扇の滝」とそれぞれ
特徴的な滝のある渓谷です。


ゆきむし & 白扇の滝

今年初めてのゆきむしを見ました。あと少しで雪が降るということです。
ちなみに「九月」の文字は無視してください。
ゆきむしの大きさは、2mm程度なので、指との縮尺あってません ^^;無視してください。

右側は、渓谷から滝の上部が始まるところです。左の奥あたりから滝が始まるのですが、
水はペンだけで描くのは限界があるね。

今年の紅葉はちょっと赤が足らないかな。でもまずまず楽しめました。

P.S毎年、山ほどおちているどんぐりが、ほとんどありません。
 熊がえさ不足で、街まででてくるわけです。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

建物スケッチ 
2013/10/07 [Mon] 02:06:21 » E d i t
アメリカンフットボールでは、10ヤード進むことがとても大切で、
どっちか分からないときは、10ヤードのチェーンを持ち出してできっちり測るだけど、
実は、もともとボールを置く位置も、測るときの位置もいがいと適当な位置だったりする。
「適当に置いてきっちり測る」なんていわれてます。

さて、午後の北海道開拓の村。あと2時間くらいは描けそうです。
とても魅力的な建物がたくさんあって、どれもこれも描きたくなってきたので、
午後は、小さめにたくさん描くことに。


開拓の村【WF F6(410x318mm)】

上から
南一条派出所
旧浦河公会会堂
旧近藤染店

ひとつ30分もかけてないんだけど、なんだかもったいないくらいいい感じで描けた。
速さを求めているので、ある程度のいい加減さが、いい感じを生むんだなあ。
こういう描き方が本番でも描けるようにしていかなきゃ。

そうそう、最初の「適当に置いてきっちり測る」って言葉ですけど、
今回、建物を描いているときに、つぶやいていた言葉です。

一本目の線はいい加減に描いて、それに平行するような線は一本目にあわせてきっちり描く。
(ちょっと「適当に置いてきっちり測る」の意味とは違いますが ^^)
でも、こうやって一本目の線が、いい加減だと、きっちりした感じがなくなり。
その次の線をちゃんと並行描いておくと、めちゃくちゃな感じにならない。

ということを建物描くときはつぶやいています。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

「開拓の村」秋 
2013/10/06 [Sun] 02:29:45 » E d i t
子供と一緒にテレビの「逃走中」を見ました。
町に放たれたハンターから一定時間逃げれば大金がもらえるという番組。
巨大鬼ごっこです。
明治時代に迷い込んだ、みたいな設定。
あれ、このロケの場所、知っているような。
そう「北海道開拓の村」です。

今だったら秋らしいかな?では、今回のスケッチはここに決定!

今日は秋らしいさわやかな1日でした。
開拓の村は、広いとか思ってたけど、あんまり隠れるところがないので
ハンターから逃げるには厳しいなあ。
ここに、武井壮や、すぎちゃんや 篠崎愛が逃げてたのね。
そうぞうするとなかなか考え深いです。

まあ、それは絵には関係ないですが…

北海道開拓の村は、北海道の昔からある建物を移築してある施設です。
入り口近くは、たくさんの建物が固まっているでの、今回は建物を狙います。

入り口近くに大きな栗の木があったが、栗はもうほとんど落ちてしまっていました。
でもなんとか、ひとつ残っていたので、ここから描き始めます。


北海道開拓の村【WF F6(410x318mm)】

これは、逃走中で本部に使われていた緑の建物。
ちょっと道庁ぽいかな。

建物は堅い感じにならないように、かといってバランスが崩れすぎないように。
難しいなあ。

描き始めてから2時間弱。あと人物と仕上げが残ってます。
昔は2時間ではここまで描けなかった。

早く描くのも心がけているので、早く描ける様になったところはちょっとうれしい。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。