どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
北大中央ローン2016 
2016/08/29 [Mon] 01:26:07 » E d i t
久しぶりの、本格的色塗り。
半年以上ぶり。なんかあんまり描く気がしなかったんだよね。

今回塗ったのは、前回の北大。とりあえず仕上げることが目標。
緑だらけで大変でした。

北大中央ローン【WF F8(455x380mm)】
描いているうちに方針もなんか変更。
最初は、おくの光の感じがいいので、ここを生かして描いていこう。泳ぐカモは、あまり目立たせずに。
って感じが、やはりカモを主役に…
そのあとは、根っこのあたりのシロツメグサのあたりもいい感じにしたい。
迷いすぎて、よくわからんです。ちょっと色んな要素を入れすぎたかな。

いろいろ考え迷いましたが、迷うのも楽しいものです。
また次の絵も最後まで仕上げていきたいと思います。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

万年筆画 
2016/08/13 [Sat] 23:32:17 » E d i t
札幌駅にある、ステーショナリーの店。
ぶらぶらしていたら、「万年筆スケッチ画」のコーナーが。
興味が出たので、ちょっと挑戦。

自前の万年筆もあるのだが、調べたところ、セーラーの「ふでDEまんねん」がいいらしい。


先端が、大きく反っている。寝せて描くと太い線も描けるらしい
なんといっても、安い。


北大の南門をスケッチ。
太さのコントロールは、筆圧でなく、ぺんを斜めにして行う。
これは、なかなか新鮮な感覚。

思ったように引けない偶然が、よい味を出してくれる。
レトロな建物を描くときには、さらに良い感じになる。

でも、ちょっと角度を間違えるとすぐ、出なくなって難しい。
ほら、またでない。あれ、どんな角度にしてもでない。
おかしい。 

ああ、インク切れか。
カートリッジ1本あっという間になくなります。
予備のカートリッジは必須。



Blog Ranking←ブログランキング参加中です。