どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
書くときと描く時 
2010/02/17 [Wed] 07:00:28 » E d i t
最近、描くときのペンの持ち方をちょっと変えてみました。
そのため「字を書くとき」と「絵を描く時」で持ち方が変わりました。

書くときのペンの角度は普通は、60度くらいでしょうか。これは自分も同じ。
で、描く時は、今は30度以下ですね。ずいぶん寝ています。
イメージとしては、彫刻刀をもっている感じです。
彫刻刀で木を削るように、スパッとしたどこまでも続く線がかけるといいなあという願いもあります。
(うちの先生も少し寝ていますね)

さて、この方法でかくと、ペン先の腹で描きますね。接地面を拡大すると、ちょっと楕円です。
縦方向に引くと思ったより細い線、横方向なら太い線が描けます。面白いですね。いいかも。

描き味は結構不自由です。でも、これが、やや軽めの線になって、筆圧が高いと悩む自分には結構いいかも。



そして、自分にとっての最大のメリットがあります。
それは、2つの方法で5cmくらいの円を描いてみるとわかります。
「書くとき」では、手首から先で円は書けます。
しかし、「描く時」では、手首から先は、ほぼ固定状態です。
必然的に、円を描こうとすると、ひじと肩を動かさないと描けません。

そうそうこういう描き方。ひじや肩、時には腰を使って描く。なんとなく、いい線が描けそうな気がします。

…とはいうものの
やっぱり、力強さが足らないかな?ちょっとかすれた線になることもあります。
丸い線は、いいかな?ちょっとぐにゃぐにゃしても、自然ぽいかな。
うーん、もう少し、じたばたしてみたいと思います。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
初めまして。こんばんは。

>ひじや肩、時には腰を使って描く。
これ、この感じわかります。
昔「全身で描け」と教わりました。
最初は「なんのこっちゃ?」と思いましたが、描いているうちに「あぁなるほど」と。

最近とんとスケッチもデッサンもしていませんが、
教わったことと経験から総合すると、
イーゼルやスケッチブックを立てて描く時は、
芯を長めに削ったやわらかい鉛筆を下から持つと描きやすかったりしますよ。
2010/02/17 Wed 19:51:16
URL | 鳥川 #HuBhO90w[ 編集 ]
こんばんは。
さっそく円を書いてみました。
動かすところがちがいますね。
私は絵を描かないので実際の感じはわかりませんが 書くと描くはちがうのだっとちょっとだけ体験
したようで・・・
2010/02/17 Wed 22:21:09
URL | バスケ母 #-[ 編集 ]
>>鳥川さん
自分は鉛筆とかシャープペンで描くのも好きです。鉛筆は、先で描いたり、腹で描いたり、下からもって描いたり、いろんな描き方がありますよね。
自分は、鉛筆よりはっきり線がでるペンを選んでいるのですが、鉛筆のこういった描きかたの自由度はちょっとうらやましいです。
そんな不満から、ペンでも色々かけないかな?と思って試行錯誤中です^^;
どうもコメントありがとうございました。

>>バスケ母さん
これが、正しいわけではないですけどね ^^;;
自分はへんに器用なので(器用貧乏ともいう)、小手先で逃げてしまうので、ちょっと不自由で描いてみてます。
自然な、不自由さがでてちょっといい感じなのです。
2010/02/18 Thu 02:09:41
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
べえたさん こんばんは!
この前の「水彩は水で描く」も読ませていただきましたよ。
べえたさんは研究熱心ですね。感心します。
確かにペンの角度は筆圧に影響があると思います。私も無意識ですが、意気込んでだり緊張して描いている時は必ずペンが立っているし、リラックスして描いている時はペンが寝てますね。
また肘や体全身で描くとき手首を固定して描く発想は興味深いですね。木炭や鉛筆のデッサンの時は指の腹で持って描きます。
2010/02/18 Thu 21:06:45
URL | はまじ #-[ 編集 ]
>>はまじさん
なにをおっしゃる!はまじさん。
デッサンや人物など幅広いじゃないですか。
自分は、専門的に習ったことがないので、
色んなことがまだまだ新鮮です。
知っている人には当たり前なのだろうけど、
自分で探して見つけると、なんだか貴重な宝物ような気がして、
大切に自分の中で育てていきたいです。
2010/02/19 Fri 02:34:59
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://docosora.blog43.fc2.com/tb.php/329-2413412b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック