どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
2010/08/05 [Thu] 07:03:01 » E d i t
大阪に出張。
帰りの札幌に帰る飛行機。座ろうと思ったら、非常口の前の席。脱出時のお手伝い席ね。
わ!キャビンアテンダント(CA)と向かい合わせ。こりゃ困ったね。なんか話すのかね。

離陸時。CAさんは何かメモを取ってるね。自分は、目を合わさないように、窓の外を見ている。
雲海のように広がる、入道雲が面白いなあと、ずーと見ていた。

飲み物配りにCAさんがいなくなったのを見計らって、「翼の王国」スケッチへ。
行きの飛行機では、半分寝ていたので、まだ仕上がっていない。
ベトナムの少年。いい感じ。
背景の竹林の、奥の奥、こういうところがどうなっているか?どう描くか?
竹を黒く書いちゃえばいいかな。色に逃げるか色々考える。


ベトナム ハウタオ村の少年【マイブック】

次は舞妓さん。目、眉を真剣に描いていたら
「絵を描いているのですか?」
げっ! CAさんに声をかけられました。仕事柄、不審なことをしていると気がつくのね ^^;
「他にも見てもいいですか?」はああ、不審なものは描いてなくてよかった。
まあ、落書きばっかで残念でした。

それでも、話すいいきっかけになってよかったです。
仕事の邪魔をしないように、それでも割かし飛行機が空いていたので、時間に余裕があったらしく
色々お話をして時間を過ごしました。
へへへ、ラッキー ^^;目の大きなお姉さんでした。

先輩のCAさんらしき人が、描いてあげてっていってましたけど、
さすがに… でも、4点シートベルトのCAさんは、ちょっと描いてみたい気も…

img-8041742-0001.jpg
舞妓さん【マイブック】

舞妓さんは、どっかで若さが消えました。残念。
顔が大きくなって、手が小さくなるのは、もうこれはくせだねえ。
だから、手の大きさは、顔の大きさなんだって。

また飛行機の中で、描かせていただきます。
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
(^^)
CAさんと楽しいトークの
 思い出ができたのですね☆
  飛行機からだと
   入道雲がはっきり見えて
    楽しそうですね。

「翼の王国」スケッチ、
 初耳です。
  少年のまなざしが
   印象的ですね。
    小説の絵になりそう。。
     舞妓さん
      お若い感じだと思いますよ。
       色をつけたら
        又印象はガラリと
         変わっていくのでしょうね☆

コメント返しにて
 そうなのですね。
  北海道は灼熱まではいかないのですかね?
   海。。テレビで観る位になってしまいましたが
    やはりイイでしょうね~
     思いっきり広がる海の絵
      次回描けるといいですね。
       楽しみにお待ちしております♪♪
2010/08/05 Thu 13:01:35
URL | おからの家 #-[ 編集 ]
>>おからの家 さん
若いというか、もう少し幼さがあったのです。
色は、塗らないので…そのうちちゃんとしたのに、和服も描いてみます。
いつもコメントありがとうございます。
2010/08/06 Fri 00:52:45
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
スケッチ描いていると、見知らぬ人とも話す良い
きっかけになりますね(笑)

「顔が大きくなって、手が小さくなる」
私もなりがちですね~。手を描く時は、かなり
気を付けていないと、ダメですね。相当バランス
悪い事になります・・・。人物は難しいです(笑)
2010/08/07 Sat 08:28:51
URL | りな #L8AeYI2M[ 編集 ]
>>りなさん
そうですね。描いていると話しかけてきてくれることもおおいです。
人物は、何度も何度も繰り返し描いていないとだめですね。お互いがんばりましょう ^^
2010/08/08 Sun 00:03:45
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://docosora.blog43.fc2.com/tb.php/397-f7fb0099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック