どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
★小樽 雪あかりの路  
2011/02/24 [Thu] 07:08:32 » E d i t
この北の町に奇跡的に残された小さな古めかしい街並みや、運河で、かつて北海道の開拓を支え、
今は用済みとなった旧幌内道―手宮線、廃線跡地を舞台として、厳寒の2月、運河に浮かぶ数百もの
ガラスの浮き玉のろうそくの灯りは、水面に浮かぶ天の川となり、降り積もった雪の中に無数の
ろうそくの灯りが揺らめく廃線跡地は、路地裏の銀河鉄道としてよみがえる。
雪の中にほのかにゆらめく、無数の灯りは、一人一人の祈りとなり、願いとなる。

                             「小樽雪あかりの路」のスピリットより


小樽雪あかりの路【WF F6(410x318mm)】

最近、万年筆が好きだ。色はブルーブラック。落ち着いた藍色。
力の具合で、濃淡ができるけど、濃いところも薄いところも、とても深くて落ち着く色。

気に入っている色は、絵にも塗りたくなるのかな?
夜の空を塗るときに決まった色は、このブルーブラックをイメージした色。
ウルトラマリン+バイオレット+ブラック+その他諸々。
満足のいく色がでたなあ。PCでは伝わってるかなあ。

久しぶりの気合の入った満足の仕上がり

Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
ブルーブラック、色の雰囲気出てますよ~!
先日のコメント意味深発言は、これでしたか!

メーカーによって、ブルーブラックインクも
微妙に色合いが違いますが、どこのメーカーの
色が近いかなぁ、なんて思ってしまいました。

2011/02/24 Thu 12:44:40
URL | りな #L8AeYI2M[ 編集 ]
>>りなさん
ちょうどブログのねたを考えているときの、
コメントだったので、ちょっと笑ってしまいました。
メーカーの違いねえ。あまり万年筆のディープな世界に入らないようにします(笑)
今は、グリーンブラックのような、渋い色のペン(万年筆でなくてもいい)を探しています。 ^^;あ!これもディープな入り口?
2011/02/25 Fri 08:01:54
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/25 Fri 08:34:24
| #[ 編集 ]
深い色と白みとの色具合が良いですね((^^

好きな色ってどこにでも使いたくなります。
私は青系と茶系と白黒…地味です;;

万年筆にもインクの種類があるのですね!
たくさん使って下さいまし。
2011/02/25 Fri 17:57:44
URL | タマキ #Ui2/k6uM[ 編集 ]
ぺータさん ご無沙汰しています!
「小樽雪あかりの路」
素晴らしいスケッチの作品が出来上がりましたね。
雪国の情景・運河に浮かぶ灯り・そして人々
はまじもその人々の一人になったような
そんな錯覚を覚える作品ですv-424
2011/02/26 Sat 05:17:23
URL | はまじ #-[ 編集 ]
万年筆の色いいですね~。
たまに万年筆で字を書くとちょっと字が上手になったような気になれます。
あんまり使う機会はないですが、もっと普段使いしたいです。
2011/02/26 Sat 08:26:32
URL | 若林豆子 #kXwgQfKw[ 編集 ]
>>タマキさん
絵の場合も、人間と同じように、派手がいいってけでもないですからねえ ^^;
まあ、自分も、地味な色も積極的につかっていますよ。色の幅を広げたいと思ってます。

>>はまじさん
どうも拍手ありがとうございます ^^
この街や、イベントの雰囲気がいいです。
印象が自分の心に残っていたので、すんなりと色塗りもできました。
いいモチーフはいい絵を生みますね。
いろんなところにでかけて、いい絵を生みたいものです。

>>若林豆子さん
自分は、ほとんどシャープペンとかで、
仕事のノートとかとっていたのですが、
最近は、万年筆です。
ちょっと仕事ができる人のような気になれます ^^;
消せないのは、難点なんですけど、
あとから見ても、自分の字なんだけど、
なんだか素敵に感じます ^^
2011/02/27 Sun 01:22:53
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://docosora.blog43.fc2.com/tb.php/455-ed96c77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック