どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
鎌倉二日目 
2012/05/26 [Sat] 00:29:03 » E d i t
午後より、雷を伴った雨。
これでは、外でのスケッチは無理。

さて午後からどうするか?
江ノ電のフリー切符を買ってしまったので、午後は鉄ちゃんに徹するのも悪くはない。
ともおもっていたが、一緒に描いていた先生始めの皆さんは、どこぞのおしゃれなカフェに行くらしい。

気がついてみれば、一緒にタクシーにて移動 ^^;
ご好意で、花屋さんの一部を使わせていただいて、少々スケッチ。
久しぶりの先生交えての、室内スケッチ。教室みたいで楽しかったです。


鎌倉山 花やより【ファブリアーノ F6(410x318mm)】

ここで描く順番。
まずは、目の前にあった花を描く。
描き終えた後、さて全体をどうするか?
頭のなかのイメージをどう表すか、こんなかんじ、あんなかんじ?
ちょっと、鉛筆で、なんとなくあたり線をつけてみる。

と、ここで、鉛筆を使うわけだ。
そこで、お話は、なぜ鉛筆を使うかということになった。

やっぱり、自分は、このときに鉛筆を使ってしまう。
(先生は、絶対に使わない。 誤解のないように言っておくが、
先生は、鉛筆を使うことを否定しているわけではない)
この時点で構図を、ある程度決めておきたい。

「線を引いたって、その線どおりに描くわけではないのだから、
線の意味は、あるのかないのかわからないという」
言い訳だけはしっかりする。

「ここまでうまくきたから、失敗したくないから線を描くのかな」と自分。
先生いわく、「そりゃ、ハートが弱いね」
ははは、そりゃ図星だ。

ということで、先生を観察しながら、今回は、自分も鉛筆なしバージョンで。
先生は、白い画面と格闘しながら、頭はフル回転って感じ。

苦労しながら、鉛筆なしで描いてみて、自分なりの結論。
自分は、観察力、想像力が、ぜんぜん足りてないと。
それで、鉛筆にたよちゃうね。
きちんと、観察できていなくても、鉛筆を頼りに、描けちゃうってこと。

なるほど、まだまだ修行しなきゃね。

ちなみに、この絵も、最後に最後に鉛筆を使いました。 ^^;
だって、走れない車ができちゃいそうだったから 。 残念 !! ^^;;;;;;;;;;;;;;
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://docosora.blog43.fc2.com/tb.php/555-63a2da6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック