どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
★稲村ガ崎夕景 
2012/10/22 [Mon] 01:42:19 » E d i t
1日の終わり。太陽が地平線の向こうに沈んでいく。
このショーが始まってからかれこれ1時間。
僕は、ただ、黙ってそれを眺めている。
どうして飽きもせず見続けていられるのだろう。
移ろいゆく空。静かな海。打ち寄せる波の音。
いつまでも、いつまでも、ここにいたい。
そんな気持ちが、絵を見ている人にも伝わればいいなと思いつつ描きました


稲村ガ崎夕景【ウォータフォード F6(410x318mm)】

2ヶ月ぶりくらいの絵のUPです。
1ヶ月半の放置プレイをなんとか乗り越え完成に至りました。
波が予想外に難しかったです。
ポスターカラーの白とかを駆使してなんとかそれらしく。
最後になんか少し足らないような気がしたので、そらに月が入りました。
こちらは、カッターで月形に表面をカット。(昔何かの本でこのやりかたを読みました)
いつものように鳥も飛ばしてみようかと思いましたが、今回は自重です ^^;

決していろ塗りとかしていないわけではないので、作品の出来上がりは気長におまちください m(_ _)m
Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
ぺえたさん、なんだか神秘的でステキですね~
月も効果的ですね!

波は本当に難しいですよね・・私も実際よりは
ちょっと波を増やしたりとか・・何かと四苦八苦して
います。
2012/10/22 Mon 20:20:11
URL | にしむら #-[ 編集 ]
>>にしむら先生。
なんだか空や海を青く塗りたくないなあ、と思っていたら、こんな感じに塗れました。
月はサービスってことで ^^;
波は難しいっす。派手にしちゃいたい気持ちもあるのですが、わざとらしくなるもの嫌。
いろんな気持ちのせめぎあいです。迷っているうちに変になると …
一番好きな波の絵は、北斎の神奈川沖浪裏の波ですが、さすがにあそこまで描けません (ToT)
2012/10/23 Tue 01:47:59
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
はじめまして
わあ、これ水彩なんですか。
すごく綺麗でカッコイイです。
語彙が貧困でうまく言えません(-_-;)
幻想的で奥行きがあって物語を感じさせる絵です。
いいなあ・・・
2012/10/24 Wed 00:23:23
URL | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集 ]
>>すりむままさん
どうもはじめまして。
ありがとうございます。自分の絵は説明的な絵も多いので、この作品はちょっと貴重かも。
あまり説明的にしないと、見るほうが勝手に想像してくれる ^^;
日々、そんなこと考えながら描いてます。
2012/10/24 Wed 02:20:33
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
不思議な色空間
こんにちは。
薄い紫系の不思議な色合いが良いですね。
いつまでも座ってみていたいと云う気持ち、分りますね〜!
2012/10/24 Wed 17:35:33
URL | yokoblueplanet #-[ 編集 ]
>>yokoblueplanetさん
絵の具の紫のみが減りました ^^;
夜のとばりが、山のほうから押し寄せてくる。
そんな感じです。
夕日はいいですね。周りにも写真とってる人とかもいましたが、みんななかなか帰りません ^^;
2012/10/25 Thu 01:49:18
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
はじめまして!
私も稲村ケ崎の風景が大好きです!
とても素敵なスケッチなので、コメしてしまいました。
また遊びに来ます^^
2012/10/30 Tue 12:51:57
URL | とびママ #-[ 編集 ]
>>とびママさん
ほんとここは夕日の名所ですね。
鎌倉までいくことはあまりないけれど、
ぜひこの夕日だけはまた見に行きたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
2012/11/01 Thu 02:04:28
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://docosora.blog43.fc2.com/tb.php/599-ca5b68e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック