どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
2008/09/05 [Fri] 22:09:22 » E d i t

とて、ダブルフォーカスを意識して描いたマイブックへのスケッチです。

「え!?違いがないって?」
でも、自分自身では、大きな発見があったのです。

●背景がある!
スケッチ教室に通い始めてた頃に先生にした質問。
「背景ってどうやって描くの?」
「見たままをそのとおりかけばいいの」
「うーん!?そうなんだけど…」

その他背景の描き方がよくわからないということをよく聞きます。
ダブルフォーカスで見ているとき、モチーフと背景は一体になって
見えます。まるで、人物から木が生えている感じ。

今までの自分は、モチーフ(とくに人物)の場合、モチーフの周りは
数10cmは、背景が見えていない状態であったと気付きます、
まるでオーラのような光を放っているような感じ
。モチーフに脳がとらわれ、背景が見えていない、これでは描けないはずです。

人間から木が生えているのが面白くて、どんどん描いてみました。
人の周りの処理は、どうすればいいのかと思ってたけど、そのまま
描けばいいのね。先生の言うことの正しさがわかりました。


●描かれるものはすでに決まっている。
中心となるものを描いて、さて次は背景に何を描こう。
自分の描く時のパターンはこんな感じです。

ダブルフォーカスの場合は、もう画面分決まっているって感じです。
見えているものを好きなところから描いている感じ
すっと背景に人物が入り込むと、なんとなくいい感じと思った時には描き込みます。

このことうまく説明できないんですけど、なんかそんな感じってことです。

●さて、次回は、ダブルフォーカス(実地編)です。

…が書ければいいですけど、
残念ながら、実際に大きな絵の中で使うのは難しいです。
時々思い出して、そんな感じで見るようにはしているのですが。

それでも、ダブルフォーカスのことを知ったのは、実は7月の始め、
その後の作品は、「トラクター」「ラベンダー」「額アジサイ」…と
まあ、自分では良い目の作品。
少しは、効果があったということにしておきます。

Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
はじめておじゃまします
アジサイの絵がステキに仕上がってゆくのがとても楽しかったです。
自分以外の方の絵の行程がわかるのって興味深いですねv-363
私はいちおう4年絵を勉強しましたが、透明水彩が大のニガテでしたv-356
ぺえたさんが うらやましいですv-355
2008/09/08 Mon 00:24:46
URL | めんそ~れヤノカナ #-[ 編集 ]
はじめまして。
ありがとうございます。
一生懸命アップした甲斐があります。
自分は、他の画材を使ったことがないので、難しさはまだよくわかりません。
最近、まだ自分には出せない色がたくさんあるってことを知りました。特ににごらない暗い色が難しい。
そろそろ、壁にぶちあたるかもしれません。

ところで、お店札幌なんですよね。
うちも、沖縄は好きなので、そのうち店の方によらせてもらいます。ソーメンチャンプルとか食べたい。
2008/09/08 Mon 01:11:04
URL | ぺえた #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://docosora.blog43.fc2.com/tb.php/60-f26696ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック