どこそらスケッチ~ペンで描く。線を生かした水彩イラスト

~どこまでも高い空にあこがれて~

札幌在住絵描きによる水彩イラストスケッチ
                   by ぺえた

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
高校生演劇「転校生」 
2016/03/14 [Mon] 00:36:32 » E d i t
3月11日 札幌市の教育文化会館で開かれた高校生演劇「転校生」を見ました。
まあ、知り合いが出ていたのでその関係で...

作:平田オリザ 演出:橋口幸絵 演出振付:櫻井ヒロ

高校の教室。クラスの女子高校生たちの1日。課題図書に何を選ぶか、親戚の病気や近しい人の
出産のことが話題となっている。そこへ「朝起きたらこの学校の生徒になっていた」という転校生がやってくる。

あちこちで、同時多発的に会話がなされる。そんな感じで劇は進んでいきます。
カフカの「変身」の話とか、なぜ生まれるとかの話とか、あちこちて話される言葉の中から
「生」「死」という言葉がぽつぽつと心に残ります。

とりあえず、絵にしてみると...こんな混沌とした感じ。



女子高校生の楽しい会話も元気も切なさも、伝わってくる楽しい劇でしたね。
20人の個性もでていて、描き分けられていて、みんな自分の知り合いって感じを持たせてくれました。

色々、わからないところもあったので、絵を描きながら、何度も物語を反芻していました。
そういった意味でも、とても心に残る劇でした。
(ちょっとネタバレを含みます)
お昼のシーンで、みんな手掴みでお弁当を食べていたり、レズの娘がいたり、ずーと虫の真似をしていたり。
ストーリーと関係ない踊りや、無表情で通り過ぎる人たち。 
なんか、ちょっと現実ではなさそうなんだよな。ある日突然「転校生」になっていたってのもなんだか?
これは、もしかしたら、死後の世界。転生の世界。
転校生は新しく死んだ人。 虫とか恋人同士は古い記憶。
最後に、逆にこの学校から転校していく子がいるんだけど、この子は新しい「生」を与えられる子。
新しい世界への、希望を残して、物語は終了していく。

なんてね。こんな風にいろいろ考えられるのも、良い劇だったのでしょう。

残念なのは、確かめたくて何度も見たいんだけど、これ、1回きりの講演なのです。

1度きりだから、あのパワーがあったのかもしれませんがね。

みなさんご苦労様でした。 Blog Ranking←ブログランキング参加中です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://docosora.blog43.fc2.com/tb.php/785-c367f308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック